Blogブログ

  • リノベーションってなに?

古いお家と今のお家は、何が違うの?「断熱性が違う!」

まず、暑さと寒さの対策についてお伝えします。

そもそも、日本の夏は高温多湿と言われており、梅雨から夏にかけての蒸し暑い日々をどう快適に過ごすのかを考えたのではないでしょうか。例えば、伝統的な木造住宅は、風通しを良くするため多くの隙間が設けられていますが、このように家のつくり方を工夫してきたと言えます。その分、冬は寒い家となるのですが、冬は寒いのが当たり前、冬の寒さは厚着をして耐えしのぎ、我慢の生活が基本だったかもしれませんね。

しかしながら、今のお家は違います。「夏は涼しく、冬は暖かい家」が基本です。
そのために必要な性能が「断熱性能の高さ」なんです。

壁や屋根の断熱はもちろんですが、一番影響を与えるのが「窓の断熱」です。窓は、夏も冬も熱が出入りしやすい場所。例えば、冬は50%もの熱が逃げ出し、夏は74%もの熱が入り込んでくると言われており、「暖房が効きにくい」「冷房にしてもなかなか冷えない」といったお悩みの原因の多くは、窓の断熱性の悪さにあると考えられます。

私たちコノカでは、窓の断熱に関して最新の断熱性能の高い窓や、複層ガラスの窓、樹脂製の窓など、複数のご提案をさせて頂いております。光熱費も改善され、家全体のエコと快適につながるようなリノベーション工事を行っています。

ご不明な点はぜひお気軽にご相談下さい。